色黒大阪人事が気ままにつぶやくブログ

色黒で大阪人で人事な僕がなんかつぶやきます。

色黒大阪人な僕が即レスに異様にこだわるたった1つの理由

どうも即レス人間として有名な僕です。

少し前に元同僚から即レスに関する記事をシェアしてもらい、どうせなら僕がなぜ即レスにこだわるのか、少し書いてみようと思いました。

この春入社してそろそろ仕事が本格化してきた人、仕事が増えてきてパンクし始めた人に見てもらいたいですね。

【即レスするとマルチタスクに強くなる】

これがすべて。このために即レスしています。

仕事にしてもプライベートにしても、コミュニケーションはキャッチボールってよく言いますよね。

即レスするということは、ボールを受けたらすぐ投げ返す、ということです。

つまり

「自分がボールを持つ時間を極端に短くする」

もっと言えば

「自分がボールを持たない」

ということです。

ここで言うボールは、タスクですよね。自分が判断や対応をしないといけないもの。

即レスを習慣付けると自分の手元にタスクが溜まりづらくなります。

仕事のレスはもちろん、友人とのLINE、メッセンジャーのやり取り、飲み会の調整、基本的にすぐ決めます。

たぶん僕のある程度仲の良い知人の8割は「おい、こいつすぐレスするやんけ、気持ち悪い」とか「なんやLINE監視してんのか」って思うレベルだと思います。

【レスを溜めるから仕事が回らなくなる】 

5つのタスクがあれば、5人と並行してコミュニケーションをとる必要があります。

このとき、即レスを怠ると

自分の手元に5つ分きっちりタスクが集まります。

こうして集まった5つのタスクを、並行して一定以上のクオリティーでこなすのって意外と大変で、しかも「早くやって」とかってつつかれたりしますよね。つらい。

 そんなときはさっさと即レスしてボールを投げ返してしまうことです。

自分の手元にタスクを出来るだけおかない。

もちろん、手元のタスクが0になるのはなかなか難しいでしょうが、1つや2つに絞ってしまうのは意外とすんなりいくものです。

(そのためのコツの1つが7割の完成度で「できた!」って報告をあげることですが、それはまた後日…。)

今手元に残った2つのタスクをこなして、打ち返したころには、先に打ち返した3つのタスクが返ってくる。そんな感じで仕事を並行してこなしていきます。

こうすれば、「1度には2,3タスクしかこなしていない」のに「5つのタスクを一気にこなせるデキる人」っぽく見せられます。

 

【差込への対応も即行う】

仕事をやっていると予定にないタスク、いわゆる差込が入ることがあります。先に言えよコノヤロウと思わなくもないですが、「差込こそ最優先で対応すべき」というのが僕の考えです。

差込案件は緊急度が高いことがほとんどで、「即対応することで異様に感謝」されます(笑)

そして「1番簡単に信頼を得られる」んですよね、実は。「困ったときにはあいつに頼めば良い」こう思わせればその後の関係がめちゃめちゃ楽です。

個人的な感覚ですが、差込案件は「1時間以内で対応できる」のなら最優先で対応しちゃいます。それ以上かかるようだと手元のタスクとの優先度を見ての判断ですね。

 「差込案件によって、既存のタスクが押されるじゃないか」

おっしゃる通りです。

でも、不測の事態の1つや2つで進捗に支障を来すような進捗管理やタスク管理はそもそも「管理」出来ていないので、良いんです。

(これも完全に個人の感覚ですが)進捗管理をする必要があるのは、複数日以上かかるタスクだな、と思っていて、

複数日かかるようなタスクは少なくとも期日の数時間前には終わってしかるべき、そのあと多少の手戻りとか修正もあるし・・・。

とするならば、差込の1つや2つ入ったところで、進捗に支障は来たさないはずですよね。

なので、差込ドンとこい。って感じです。

必殺!残業!も最悪の手段としてはありますしね。しないけど。

 

【即レスの裏側】

勘のいい人は気付いているかもしれませんが、僕は即レスすることで「相手の頭を使ってタスクを進めている」んですよね、きっと。

決して考えるのを放棄しているわけじゃないんですが、「相手がタスクを持つ時間を長くする」ことで「相手の頭を使っている」わけです。

これは僕が頭が良くないから、ってのもありますし、考えるのが得意じゃないから、っていうのもあると思いますが、

「相手の頭を使う」っていうのは効率よく仕事を進める上で非常に重要だと考えます。

そして「相手の頭を使っている」時間を利用して、

「自分の頭の中を整理する」ことも出来ますからね。

 

【仕事がデキる人が即レスするのではない】

巷でたまに見る記事で「仕事がデキる人は即レスしている」みたいなのがあります。

個人的には少し違うかと思っていて、「即レスすると仕事がデキるようになる」の順番だと考えています。(鶏と卵ですね)

 

すでに書いてあることの繰り返しになりますが、「即レスするとマルチタスクに強くなる」わけで、言うなれば「仕事に対するキャパが上がる」んですよね。「同じ時間で出来る仕事の量や質が上がる」んです。

そうなれば、特になにもしなくても他の人より経験値貯まりますよね、メ○ルスライム倒しているかのごとく。

そして、もう1つ。

「差込への対応も即行う」ことで「信頼を得られる」と書きましたが、「信頼」と振ってくるタスクの質とか重要度って比例するんですよね。

重要度の高いタスクや上流行程のタスクをやるとやっぱり経験値が多く貯まる。

 

こうして、経験値貯めて成長していけば気付いたら「仕事がデキるようになる」っていうメカニズムなのかなと思いますね。

 

【最後に】

とまあ、こんな感じで即レスをしておくと最小限の負担でマルチタスクをこなすことができるので、特に頑張っていなくても「あいつ何でもやってんな、すげえ」ってなります。

そうすると信頼は得られるし、信頼があるともっと色々仕事できるし、色々仕事できるとお金もらえるし、お金あると色々投資できるし遊べるし。

せっかく同じ時間使って仕事などをしているので、「できるやつ」っぽく見られると嬉しいですよね。きっと給料もあがるし。

 特に新卒のみなさんなんかは即レスすることから仕事への意識作っていくとよいのではないでしょうか。

ではまた次の機会に。