色黒大阪人事が気ままにつぶやくブログ

色黒で大阪人で人事な僕がなんかつぶやきます。

「ベンチャー」だから「成長できる」わけじゃない。

はい。どうも、僕です。

せっかく「ベンチャー」に入った(といってもう結構経ちますが)ので、タイトルのような話もしてみようかと思います。

ベンチャー」ってなに?

そもそも、「ベンチャー」企業の定義ってなんなのでしょう?

出来て5年以内?従業員数の少ない会社?それとも平均年齢?チャレンジングな環境?私服通勤?実力主義?などなど

なんか超曖昧で、かつ人によって定義がバラバラ…。なのに就活あるあるで、「大手かベンチャーか」って悩んだりする。いやいや、って感じですよね。

例えば、DeNAさんとかCyberAgentさんはベンチャー」なんでしょうか?僕はなんとなく違う気がするけど、でも就活生の多くは「ベンチャー」だと捉えている模様。こういうところは「ベンチャー」の曖昧さを如実に表していますよね。

ベンチャーの曖昧さ」がもたらすこと

前述のように、「ベンチャー」の定義ってめちゃくちゃ曖昧で、人によって解釈が大きく異なるんですよね。そしてこの状況、場合によってはマイナスな側面が見え隠れします。

簡単に言えば

ベンチャーだから成長できる」って短絡的に考える学生

イケてないところを「ベンチャーだから」で済ます会社

の2つを産んでしまっていますよね。

そこを少し考えて見ます。

ベンチャー」で成長する人とは。

まずは学生の側面の話。

まあ、僕も含め多くの人が通るのが「ベンチャーだから成長できる」という謎理論。

言わんとすることは分かるけどね。

僕の思う「ベンチャー」での成長理論って、

ベンチャーは打席が多い」

に尽きますね。

野球が好きなので打席って言いましたが、要はチャンスが多く回ってきます。

ここをしっかりこなしていけば、当然「成長」に繋がると思いますね。

 

打席=チャンスが良く回ってくる。

ということは、チャンスとチャンスの間隔が短い、んですよね、「ベンチャー」って。

つまり、やったことを反省する時間が短い、んですよね。

だから消化不良で次のチャンスに臨んでしまったり、1個1個のタスクを自分の中で落としこんでいないと成長できない(or成長が遅くなる)んだとおもいます。

 よく聞かれることですが、「どういう人がベンチャーに向いていますか」の答えの1つがここにあると思っていて、

反省や振り返りが高速で出来て

成功も失敗も切り替えがすばやく出来る人

ではないかと考えます。

ここで大事なのは「失敗の切り替え」だけじゃなく、「成功の切り替え」ですね。

人ってどうしても成功体験は気持ちがよく、できるだけ浸っていたい、と思いがちですからね。

失敗だけでなく成功したときも気分を切り替えられるような人、っていうのは必須条件だと思います。

ベンチャーだから」で人事は逃げちゃダメ。

少し人事側に対する思いも書いておこうと思います。

 

同じ「ベンチャー」でも福利厚生が充実している会社もあれば、

「まずは会社の売上を作ること」を優先して、福利厚生を後回しにしている会社もあります。

で、別にどっちも正解だと思うんですよね、法律の範囲内であれば(←大事)

 合同説明会とか様々なイベントで他社の説明を聞くことが増え、ここをどう説明するかってめちゃくちゃ大事だな、と感じますね。

ある会社の人事さんは福利厚生についての学生の質問に対して

「うちはベンチャーなので充実していません」

と答えていました。

一方である会社の人事さんは

「そう!まだまだ全然足りてないんだけど、やっと売上安定してきたからここから一緒に作っていきたいね」

という主旨のことを答えていました。

どっちが魅力的って後者ですよね。

まあ、今は極端に並べて書きましたけど、ちゃんと話を聞いていると前者のようなことを言っている人事さん結構多く、個人的には切ない思いになりましたね。

最後に、「ベンチャー」で働いて思うこと

本当に引くほどのペースでチャンスが回ってきます。

むしろ、「ちょ、待てよ」ってなるレベルで。

その中にはドデカいチャンスもあれば小さいチャンスもありますが、

いかに素早く対応し、成長につなげていくか、そこはいい意味でも悪い意味でも「本人次第」なのかなと。

そして課題は山積みです。

たぶん、大手だろうと「ベンチャー」だろうと課題はあるだろうけど、「ベンチャー」の場合は「自分の手の届く範囲」に課題が多いんじゃないかな、と思います。

だからこそ、「自分で変えていく」ことも出来るし、逆に「手が届くのになかなかかえるの難しい、もどかしい」みたいなこともあります。

それでも、「こういう方がいいんじゃないか」と自分で主体性持って考えられるのは大きなメリットじゃないかな。

 

ということで、お察しの通り、

僕は「ベンチャー」最高!なんて思っていないし、人によって合う合わないあると思っています。なので、面接に来た子で大手行くべきだと思えば素直に言ってしまいます。(良いんだろうか)

今回は浅い内容になってしまいましたが、まとめるとタイトルの通り、

ベンチャー」だから「成長できる」わけじゃないよ

ってことでした。

 

おしまい。